30代からの美肌化粧品の基礎知識

 

美肌化粧品を使用しておくにあたっては、基礎知識を知っておいたうえで実践することが大事です。

 

特に30代になると肌の曲がり角にさしかかりますので、意識しておきたいことは肌の水分をいかに保つかは特に重要となります。

 

30歳を過ぎた女性に「気になる肌の悩みは何ですか?」と調査をしたところ、

 

肌の乾燥によってトラブルを引き起こしてしまうことがトップクラスの悩みにランクされています。

 

 

 

まず、なぜ肌の乾燥を招くのかに関してですが、

 

肌の表面にある角質層と呼ばれる部分にはバリア機能という肌を防護する作用が認められており、

 

このバリア機能は外部からの刺激を肌の内部に入り込ませないよう守ってくれるとても重要な成分です。

 

それと同時に、肌の水分を外部へ漏らさないよう潤いを保つ役割も担っています。

 

 

 

角質のバリア機能は、肌内部にあるセラミドと呼ばれる成分の量と深く関係しています。

 

このセラミドが減ってしまうと、バリア機能も弱まってしまいその結果肌の乾燥を招きやすくしてしまうというわけです。

 

 

 

化粧品を選ぶにあたっては、保湿を重視した低刺激のものを選ぶようにすると良いでしょう。

 

また、肌内部にあるセラミドは年をとるごとに減るのですが、

 

セラミドを配合している化粧品を外から補うことで保湿効果を得られるため

 

みずみずしい肌を維持するためには有効です。

 

また、化粧水のあとにジェル状の美容液を塗ることで、さらに肌の潤い効果がアップします。